HOME  一水会とは 活動報告 フォーラム 入会案内 レコンキスタ 書籍 LINK


一水会は昭和47年5月30日に結成されました。
 昭和45 年11月25日に決起した三島由紀夫・森田必勝両烈士らの憂国の精神を継承すべく設立した団体です。
 戦後体制を打破し、対米自立・対米対等な真の独立国家を目指し、結成から一貫して民族自主独立の旗を掲げてきました。
 

 綱 領

 わが一水会は、昭和45年11月25日「楯の会事件」での三島由紀夫・森田必勝両烈士の自裁を“戦後体制打破”へ向けた果敢な行動と位置づけ、両烈士らの魂魄を継承するため、昭和47年5月30日、「保守の拠点か、変革の原基か」という思想的命題を掲げ結成した。当初の結成宣言は以下の通りである。
  維新を永久的浪漫対象とする吾人等は、「維新を阻害し停滞させる諸体制諸権力と対立し、それを打破すべく行動する」』という立場を明確にし、変革者としての矜持を持ち尊皇義軍の精神による平成維新、世界平和に向けて、戦いの陣形を築くことを内外に宣言した。
 結成から今日まで四十数年が経っているが、これまでの戦いの中で基本的原則は一切不変であり、今日においても生成発展を遂げるべく、より高いレベルで政治理念をより集約化させ、対米自立、自主憲法制定、日米安保破棄、戦後体制打破を目指して、維新成就のために闘っている。

 

 基本理念

 我々は日本の完全なる独立と、敗戦によって失われた日本国の誇りと民族の尊厳を恢復するため、我が国の歴史・伝統・文化を基調に戦後民主主義の誤りをただし、道義的国民共同体を創造する。 また、日本のみならず、世界のあらゆる民族を尊重し、戦勝国を中心とした現在の国連に対抗する新たなる国際組織と世界新秩序の樹立に向けて邁進する。 この趣旨の実現に向け、我々は自省心のある社会運動を実践し、維新変革の達成を期す。

 

 活動基本原則

一、世界各民族の尊重、連帯による新国連の建設
一、日本の歴史、伝統、文化、精神の護持と発揚
一、戦後体制を否定し対米自立による尊厳の回復
一、戦後民主主義の誤りを正し、国民共同体の創出
一、自省心ある社会運動の徹底と維新変革の達成

 上記基本原則の下、様々な形態の活動を果敢に取り組んでおり、現実の政治に影響を与える事を心がけ変革者の立場を維持し、日々研鑽と努力を続けている。
 我が会の、より具体的な活動展開は、

  • 自主憲法を制定すること

  • 東京大空襲、広島・長崎の原爆投下に対し、米大統領自ら現地を訪問し謝罪すること

  • 沖縄など日本国土から米軍基地を完全に撤去すること

  • 日米地位協定を見直すこと

  • グローバリズムの市場経済簒奪主義から国益を守ること

 これらの主張は、いずれも我が国の置かれている対米従属という現状を鋭く批判するものである。昨今ではさらに、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加への反対や、安倍政権による平成25年4月28日の「主権回復の日」記念式典挙行の中止を訴えるなど、活発に活動を展開している。
 我が会の活動の特色として、上記のような対米従属の現状に対する強い批判に加え、左右の枠を超えて様々な知識人・文化人・政治家らと積極的に議論を展開する点が挙げられる。多様な意見の尊重である。これらは、対米自立路線として集約されつつある。また、我が会は「対話の精神 」を尊重し、相手を選ばず、呼び掛けがなされれば極力議論 をすることを心掛けており、ダイアローグを大切にしている。これを常日頃より実践している。

 平成25年1月12日、我が会の木村三浩代表が「平和力フォーラム」主催の竹島問題に関するシンポジウムに参加、同席した左派の論客を相手に、竹島や我が国の過去の植民地支配などの問題について活発に議論を交わした。 
 木村代表はさらに同年2月9日、同じく「平和力フォーラム」主催による尖閣列島問題に関するシンポジウムに参加し、再び左派の論客を相手に堂々と論戦を展開した。こうした左右の垣根を越えた活発な活動は、定期的な著作の刊行、月刊誌の発行などにつながり思想と活動を形成している。これは、我が会の大きな特色の一つである。

 

 国際交流戦線

 我が会は近年、その活動の視野を国内のみならず海外にまで拡大している。以下に、海外における我が会の活動内容を述べる。

 我が会は湾岸戦争以降のイラク、NATO空爆後のユーゴスラヴィア(現セルビア共和国)等に訪問団を派遣、以来継続して交流を重ねていくことで同国との親睦を深めていった。特にイラクについては、イラク戦争開戦に一貫して反対し、平成18年には処刑されたサッダーム・フセイン大統領の追悼会を我が国で唯一開催するなど、その関係の深さには特筆すべきものがある。
 我が会はこの他にも、フランス、ドイツ、ロシア、リビア、シリア、マレーシア、オーストリア、ハンガリーなど、世界各国の民族主義政党・団体と交流し、民族派同士の国際連帯を構築している。

 平成22年8月12、13日にはフランス国民戦線のジャン=マリー・ルペン党首(当時)ら欧州諸国の愛国政党幹部を東京に招き、「世界平和をもたらす愛国者の集い」を開催。翌日にはルペン党首らとともに靖国神社を参拝した。さらに平成24年10月20、21日には、フランス国民戦線のブルーノ・ゴルニッシュ氏が代表を務める欧州の愛国政党の連合組織「欧州民族主義運動同盟」の第一回会議に我が会の木村代表が招待を受け、出席した。

 平成23年、平成25年には、グルジアからの独立を主張し、国家建設を遂行しているアブハジアに木村代表自ら訪問して、民族自決を支持する大きな連帯と成果を築いてきた。
 我が会は、こうした海外の愛国政党・団体との親睦と交流をより一層強化すべく、平成25年春、一般社団法人「世界愛国者交流協会」を設立した。その活動や交流に関しては、月刊「レコンキスタ」紙上のワールド・パトリオティックというコーナーで報告している。常に時宜にかなった海外の愛国政党・団体の活動内容の紹介などを行っている。

 

 一水会人事

代 表 木 村 三 浩    副代表 番 家 誠